« 振捨表投 その2(10年4月) | トップページ

2010年6月 1日 (火)

半月返 その3(10年5月)

今回は半月返-掬首投です。

まずは体で覚えているとおりにやってみました。

「201005040-hanngetugaesi-01.wmv」をダウンロード

20100501hanngetugaesi011

上中を受け、熊手を入れて首を落としながら、ひざに手を添え掬います。

以前は落とす前に手刀で押して2方向かけました。この方法でも掛かる場合はありますが、いずれも右手の仕事になりやすく、相手にわかりやすい動きになります。掛かっていません。

改めて、先生に手本を見せてもらうと。「201005040-hanngetugaesi-91.wmv」をダウンロード のように中段を押さえ受けした際に3線方向に崩しています。

これを参考に改良しました。

「201005040-hanngetugaesi-11.wmv」をダウンロード20100501hanngetugaesi111

やってみると左手の押さえうけで3線方向に一旦崩して、相手が無意識に前に反力出した際に、右手で落とすことで、きれいに投げれています。2方向の力の出所も別ですし、3線→2線と技の流れも理にかなっています。

その他の例も示しますが、「201005040-hanngetugaesi-21.wmv」をダウンロード

「201005040-hanngetugaesi-31.wmv」をダウンロード

「201005040-hanngetugaesi-12.wmv」をダウンロード

いずれも掬いより、首の落しが表に出た掬い首投げになっています。

ただし、この中段の押さえ受けが難しく、真っ向から押さえに行くと相手は安定してしまいます。押さえつつ、方向を変えて3線方向に崩すのが難しいです。

« 振捨表投 その2(10年4月) | トップページ