« 仏骨投 その4(08年7月) | トップページ | 送小手 その8 (08年9月) »

2008年9月 3日 (水)

袖巻返 その5(08年8月)

はじめは裏投の稽古でした。

「20080816-uranage-11.wmv」をダウンロード

ただし、右手の使い方が本来とは異なります。

本来は先生の例のように「20080816-uranage-91.wmv」をダウンロード 下に落としこむべきですが、

袖の奥側をつかまれたため、巻いて、落とし込むほどマチが無いため、巻き返す形になっています。

ですがこの間違った右手の使い方(肩を返して押し出す様に袖を巻き込む形)が袖巻返に似ていることに気が付き応用できるか試してみました。

「20080816-sodemakigaesi-01.wmv」をダウンロード

のように、ただ、形をまねても駄目でしたが、どうやら自分の位置取りと腕の角度が重要なようで、反対側の2線上付近がいいようです。

「20080816-sodemakigaesi-11.wmv」をダウンロード200808161sodemakigaesi12_2 

「20080816-sodemakigaesi-12.wmv」をダウンロード

これを裏投にフィードバックしました。

「20080816-uranage-12.wmv」をダウンロード 200808161uranage12

何度か試すうちに、この形では袖巻返より裏投の方が成功率が高い事に気づきました。多分、自分の左側にも相手との接点があるため、(袖巻返より自由度が低く)投げやすい位置取りにはまりやすいのでは?と思います。

« 仏骨投 その4(08年7月) | トップページ | 送小手 その8 (08年9月) »