« 仏骨投 その3(08年7月) | トップページ | 袖巻返 その5(08年8月) »

2008年8月 8日 (金)

仏骨投 その4(08年7月)

再度仏骨投です。

この前、NTさんにはかかったことが、Tさんには出来ません。「20080731-bukkotunage-01.wmv」をダウンロード

同じ事をやってるつもりですが崩れない。20080731bukkotunage111

「20080731-bukkotunage-11.wmv」をダウンロード はできている様ですが、腕で横から押して、振っているだけです。20080731bukkotunage911

そこで先生の技ですが、「20080731-bukkotunage-91.wmv」をダウンロード横からではなく、落とすまでは上から首に触れいている状態です。崩し方から違うのですが、なぜか分かりません。

ポイントは首に触れた手で、最初から首に圧迫をしない事です、相手に構えられて、うんともすんとも行かなくなると。意識させる程度に触れておけばいいらしいです。

それを踏まえて行うと「20080731-bukkotunage-13.wmv」をダウンロード となりました。左で崩して、右手で首に触れ、圧迫しないように接近し、上から押せる形にするのですが、Tさんの「小手抜きみたい」の一言もイメージを固めるのに、役立ちました。触れておいて、触れたところを中心に腕を相手の後ろに回す時です。この時に左手でテンションを掛けておけば、崩れるようです。

さらに何度か練習をして「20080731-bukkotunage-15.wmv」をダウンロード 20080731bukkotunage151 相手を崩しておいて、落しの際に上から押せるようになっています。

やはり、いろんな人と練習をやる事は勉強になりますね。 

« 仏骨投 その3(08年7月) | トップページ | 袖巻返 その5(08年8月) »